50歳過ぎても素肌美人

フルボ酸ミネラルタイム

【ルルドの泉】

フランスとスペインの国境付近に位置する

ピレネー山脈



その中腹のにある村『ルルド』

1858年に忽然と泉が湧き出しました




その泉に

胸の痛みに苦しんでいた羊飼いの女の子が

傷む胸を浸したところ

病気が治ったのです。



これが世に言う
「ルルドの奇跡」


現在は観光地化しています。
では何故、この泉に

このような治癒力が働いたのかというと

ここには「ゲルマニウム」という

ミネラルが介在していました。





ゲルマニウムとは

元素記号「Ge」で表記され

元素番号32のミネラル



元素番号はそのまま電子数と同じなので

ゲルマニウムには32個の電子がついています





このゲルマニウムですが

実はとても気前の良いミネラル表面温度が32℃を超えると

ポンポンと電子を放出してくれるのです。



つまり『酸化』



よって、周りにいる物質は

自然に『還元』されてしまうのです。





例えばプラス電荷のストレスを抱えた人が

ゲルマニウムの泉に入れば

たちまち還元されて正常になるというもの





これがゲルマニウム温泉の仕組みです。




ゲルマニウム自身は

酸化してしまうので損な役割ですが、

その周囲はストレスフリーになって

幸せそのもの




このようにミネラルには

ストレスを緩和させる性質もあるようです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です